看護師転職サイト<公式>

ダブルワークで給料アップ!(^^)!看護師日払い派遣の求人

pixta_4995608_S.jpg
看護師の給料は高いと思っている方がほとんどだと思いますけど、実際には、
全ての職場が優遇されているわけではないんですよね。

確かに、他の職種に比べると高給かもしれません。

女性でも男性並みに稼げるのは、看護師以外にはないかもしれませんよね。

シングルマザーになった事で、収入を得る為に看護師の資格を取る方も沢山いるんですよ。

でも、給料が高い職場というのは、業務内容がかなりハードなんですよね。

その代表的な職場が、大学病院です。

大学病院は、高度な医療技術や知識を身につける事ができますが、
プライベートを充実させる事はまずできませんよね。(--_--")

高給を稼げるかもしれませんけど、プライベートを犠牲にしなくてはいけない感じですよね。

だから、家庭を持っている看護師にとっては働きにくい環境です。

働いているほとんどの看護師は独身ですよ。

私は、訪問入浴や訪問看護の看護師の派遣で働いているんですけど、

バタバタする事も少ないので、気持ちに余裕があって、人間関係のトラブルもほとんどありません。

病院に比べると給料は低いんですが、ママさんナースでも働きやすい職場だし、希望の休みは取れるし、
そんな状況を考えたら当然なのかもしれません。

でも、介護系の仕事は、病院勤務にはないやり甲斐がとても沢山あるんです。

高齢者と関わる事で、いろいろな事を教えられて、人間としても成長する事ができていますね。

高齢者は、脳梗塞や心臓系の疾患など、いろいろな基礎疾患を抱えている方が沢山いるので、
看護師としての幅広い知識が必要になってきます。(^_^)

今後、高齢化社会が進む事によって、ますます介護系の職場での需要が増えてくると思うんです。

奥が深い仕事だと思いますね。

2015年6月19日|

看護師の家族寮ってどう?

pixta_7784389_S.jpg
病院の福利厚生として作られている看護師寮は、独身の女性を対象とした寮ですが最近では、病院職員とその家族も一緒に住める家族寮も作られているんです。


賃貸料も、普通に借りるより安く借りれるようで、都市部は駐車場を完備しているところなどもあるそうです。


病院によっては、母子寮や父子寮も作られています。
そういった病院は、院内保育園や24時間託児所付きという所もあるというから、シングルマザーやシングルファザーも安心して働けます。

病院関係のお仕事は、残業が多かったり、時間も不規則なので助かりますよね。
また、母子寮などある病院でしたら、シングルマザーのナースも多いでしょうから、職場の理解もあるでしょうし、相談できる相手もいて心強いですね。


看護師の働く環境を良くするため、病院の福利厚生として、こんなに力をいれているんですね。


都市部の看護師不足を解消するため、地方から人を呼ぶためこういった寮を完備する病院がどんどん増えているようです。

私の住んでいる地域にはまだこういった寮はあまりないのですが、
都市部に出て稼ぎたいとか、スキルアップを目指したいという方は、家族で引越しやすいですよね。


家族寮のある病院はまだ少ないですが、看護師求人情報サービスを利用すると探すことができますし、病院の詳しい情報や、寮の情報を教えてもらうことができますよ。

2015年4月 7日|

看護師寮の口コミを暴露

私が入っていた看護師寮は日当たりもよく、6階建てのため上の階では眺めのよさも魅力でした。

寮の建物自体は数十年が経過していましたが、私が入職した時期にちょうどリフォームが終わったところ新しい部屋に入れて快適でした。

部屋は1Kタイプですが、フローリングの8畳ほどの部屋と大きな収納スペースもついていたのとても助かりました。

浴室は少々狭く、トイレが別ではなかった点は残念ですが、キッチンにも窓があったため換気にも景色的にも良かったです。

今考えると、衛生面としては少々問題があったと思いますが、寮は病院の敷地内にあったため寮の人はみな白衣のままで病院に行っていました。

また、他の入寮者とは個人的に仲の良い人とは部屋の行き来などをしていましたが、他の人とは会釈程度の付き合いでした。

そのため、寮といっても個人的に借りたマンションのイメージに近く、プライベート空間は保持されていたと思います。

隣室や上の階の音は多少は響くことはありましたが、生活する上では支障のない範疇でした。

寮に入って大切な点かな?と感じことがいくつかあります。

それは、寮の事務担当者との関係を良くしておくことです。

寮の設備関係で何かトラブルが起きた際には寮母さんがいる訳ではないので、病院の事務の人に依頼、あるいは相談することになります。

私自身、事務の人にとても親切にしてもらい助かりました。

事務の人との関係は入寮等の手続き時だけでないことを意識して、よい関係を築いておくとその後の相談のときにもスムーズです。

また、大変細かい点ですが、念のために確認しておくとよい思うことは各室の定期点検の方法などです。

私の知人の看護師寮では室内設備等の関係で定期点検があり、入居者本人が不在でもマスターキーで入ってしまうそうです。

事前におよその時期が通知されるようですが、それにしても留守の間に男性が入ってくるということは女性にとってはやや不快なことです。

中には、それを気にして寮を出た人もいると聞きました。

点検をする人や事務の人たちを疑うようで気が引けるかもしれませんし、気にしない人もいるとは思います。

しかし、ちょっと気になりそうな人はさり気なく確認をしておくとよいかもしれません。

看護師寮は入居金が安いことや病院との距離が近いなどとても便利な面はありますが、安心して入居できることも重要な点です。

2015年3月17日|

主任と師長が全くスタッフの大変さを分かってくれない

"師長、主任などの管理職と病棟スタッフではやはり行っている業務が同じ看護師という職業であっても立場が違います。

病棟スタッフの場合は患者のベッドサイドで様々な情報から現状をアセスメントし正常か異常かを評価していきます。

場合によっては医師に報告し、指示を受けます。

管理職の場合ですと、ベッドコントロールをしなければいけない、運営会議などに出席しなければいけないと1日の流れ・業務が根本的に異なります。

時には病棟スタッフの不注意でインシデントなどが発生し、ちゃんとやっていなかったのかと責められることもあると思います。

そういうときは確かに、何人もの患者を受け持って対応しなければならず管理職は分かってくれないと思います。

私は管理職ではありませんが、では逆にスタッフが管理職の大変さを分かっていますか?と投げかけたいです。

管理職はスタッフの大変さを分かってくれないと言いますが、病棟スタッフも管理者の大変さを分かってませんよね。
それでは両者が分かり合うことは不可能なのではないでしょうか。

病院や施設によって異なるかもしれませんが、管理職も以前は病棟スタッフでした。
病棟スタッフだったからこそ、分かるスタッフの大変さが見えてくるのでしょうが、下が上に求めるばかりでは組織として成り立たないのではないでしょうか。逆もまた然りです。

管理職の大変さを理解し、サポートすることで管理側もスタッフに対しサポートしようとする気持ちが生まれると思うのでお互いに分かってくれない、分かってないと思うのではなく視点を変えてみるといいのではないでしょうか。

人間ですから分かってもらえなければマイナスな感情を抱いてしまうのは当然です。

管理職とスタッフで話合いを持つなどして溝を埋めていく必要があるのではないでしょうか。"

2015年3月17日|

看護師は、仕事とプライベートの両立が難しい仕事ですね!


これには2つの意味があると思います。

仕事が精神的に負担が掛る職種だから、プライベートにも仕事の悩みを持ちこんでしまって辛いと言うパターンと、休日が少なくプライベートを充実させるのが難しいと言う体力的な問題であるパターンです。

だいたいはこの2つのパターンの両方に当てはまると言う方が多いと思います。

私は看護師と言う仕事がとても好きです。

小さいときからの夢でもありました。

確かに仕事はハードですし、常に生死に直結しているので精神面もハードです。

患者さんの死や、難しいケースの患者さんとのトラブルなどから大きなストレスを抱える事も多いです。

ストレスが貯まりやすいけど、喜びもあるし、やりがいや充実感もあるこの仕事が好きです。

とは言っても仕事とプライベートの両立は、とても重要なポイントです。

仕事が辛くて上手くいかないとプライベートにも悪影響です。

彼と時間があわず、なかなか会えないと泣けてきます。

逆にプライベートで何かトラブルを抱えていると仕事にも身が入らずに周りにも負担をかけてしまいます。

一番良いのは、仕事もプライベートも両方を全力で頑張れる環境ですね。

体は正直なもので、仕事で疲れていると精神的な負担が大きくなります。

疲れていてもプライベートで趣味の時間を持つと疲れが取れたりと言うのは良くありますからね。

どちらにしても、しっかりと休息をとって心も体も休養を取る事は重要ですね。

2015年3月 4日|

誤嚥性肺炎って本当に怖い

私の母は、寝たきりの生活です。
在宅介護で、父が中心となって母の面倒をみています。

母の介護をしていて一番心配なのは、誤嚥性肺炎を起こす事です。
痰の吸引はマメに行っているんですが、嚥下機能が低下している為に自分の唾液でむせてしまいます。
そうなる事により、唾液の中の細菌が肺に入ってしまうと、肺炎を引き起こしてしまうんです。
母は寝たきりの生活が長く体力がないので、すぐに誤嚥性肺炎を起こし、年に1回は入院しています。

高齢者というのは、体力や免疫力がないという事もあり、死亡原因の1位は肺炎なんです。
私も父も、誤嚥性肺炎を予防する為に、口腔ケアをしっかりと行っています。
口の中の細菌を減らす事が肺炎の予防に繋がるという事を聞いてから、少しでもリスクを低くする為に、欠かしていません。

母にとっては、誤嚥性肺炎は命取りになる、とても怖い病気です。
母の場合は特に、経管栄養で栄養を取っていますから、口腔内が乾燥して細菌の繁殖が増えてしまう為、
肺炎になるリスクが高いんです。
誤嚥性肺炎を予防するには、口腔内を清潔に保つ事と、摂食嚥下機能を高める事が大切だと言われています。
しかし、母は口から物を食べる事ができないので、嚥下機能の回復が難しいのです。
その為、口腔内の細菌除去をマメにおこない、口腔内のマッサージもしています。

予防出来る事を怠った為に、命を亡くしてしまったら後悔が残ります。
病気で亡くなるのは避けられない事かもしれませんが、たとえ寝たきりの状態であっても、
母には長生きして欲しいと思っています。
誰よりも、父がそれを願っています。
母の介護を一番に考えて、毎日一生懸命に面倒をみている事で、それがとても良く伝わってきます。

2013年12月11日|

結婚ってあまり魅力を感じない。私は看護師の仕事が好きだし、ずっと仕事を続けたい。

私が働いている職場は、急性期の病棟です。
常にバタバタと忙しいので、残業も当たり前ですし、休みもなかなか取れないような環境です。
その為、子育てをしている看護師はいません。
皆さん独身の看護師ばかりです。
健康や出産を期に、皆さん退職していきますね。

私は、バリバリと仕事をしたいと思っていたので、看護学校を卒業した後、あえて忙しくて、
いろいろな医療行為が学べるような職場を選択しました。
現在働いている職場は、とてもやり甲斐があります。

看護師の仕事はとてもハードで不規則なので、結婚した事をきっかけに、職場を離れる方が沢山いますよね、
その気持ちはとても良くわかります。

職場にも色々ありますが、特に私が働いているような急性期の職場は、プライベートの時間を確保するのが難しいので、
既婚者にとっては働きにくいと思います。
家庭と仕事を両立させる為には、プライベートが確保出来る職場を選ぶ必要があります。

でも、今の私は、看護師の仕事がとても楽しくて、結婚に魅力を感じないんです。
結婚した事によって、看護師の仕事が出来なくなる事がイヤなんですよね。
でも、既婚者の看護師仲間から聞きました。
看護師にはいろいろな働き方があるので、結婚や出産をしても、家庭と仕事が両立できる働き方が選択出来るんです。

今はまだ、現在の職場で仕事に専念するつもりです。
これから先、結婚を考えた時には、その時の状況に合わせて、自分のスタイルに合った働き方を選択しようと思っています。
私は、看護師の仕事をずっと続けていきたいので、結婚や出産をしても。そのスタイルは変わらないと思います。
今後、子育てに理解のある職場がどんどん増えていく事に期待しています。
そうなれば、結婚に魅力を感じるようになるかもしれませんよね。

2013年11月25日|

ママさんナースでも夜勤ありの勤務が可能

私は介護老人保健施設の看護師をしています。
老健では二交代の夜勤があります。

子供が小さいうちは夜勤はしていませんでしたが、今は子供たちも小学生になり夜勤が出来るようになりました。

夜勤がある方が、休みも取りやすく、夜勤明けの時間も有効に活用出来ます。
もちろん、夜勤手当もつきますから、給与もアップします。

夜勤があると子育てとの両立も大変かなぁ...と思いましたが、今はむしろ夜勤をしていてよかったなぁと思っています。

やはり、学校行事や部活の試合など、休み希望も増えますし、夜勤があるおかげでその辺もこなせています。


夜勤の時大変なのは、ご飯の準備です。
夕ご飯と翌日の朝ご飯の支度をしていかなければなりません。

夜勤の入りの日に全部支度するのは大変です。
例えば、時間のある時に野菜などカットして冷凍しておきます。

調理する際に野菜をカットする暇が省けるだけでもかなり時間の短縮になりますし、野菜を冷凍する事で調理時間の短縮にもなり便利です。

また、日頃きんぴらやひじきなど多めに作り、冷凍しておきます。
忙しい時に温めるだけでちょっとした一品が出来上がります。

炊き込みご飯の具材も冷凍しておくと、非常に便利です。
炊く時に冷ます時間も省けますし、炊き込みご飯とかは子供たちも喜びますよね。

最近は、宅配サービスも利用していますよ。
買い物に行く手間も省けますし、下ごしらえ済みの食材だとかなり助かりますね。
調理された状態の宅配もありますが、コストが高めになってしまうので、たまに活用しています。

食材の宅配サービスは、無農薬栽培などこだわりの食材を届けてくれるので、安心で美味しいですからね。


掃除などは日頃から、汚れたらすぐ掃除するなどしておく事が家事を楽にしてくれますね。

まめに整理整頓されている方が、子供たちもあまり散らかしません。

小学生くらいになると、忙しいお母さんの為にお手伝いもしてくれるようになります。

忙しいと、子育てに支障が出るかな...と不安に思う事もありましたが、今ではそんな風に育った子供たちをみて仕事をしていて良かったなぁと思っています。

週末の夜勤明けや休みは子供たちと遊びに出かけたり、家族サービスに励んでいますが、楽しい時間に疲れも癒されますね。

2013年11月 2日|

夜勤があって良かったと思う点は?

私は介護老人保健施設の看護師しています。
老健では、子供が小さく夜勤が出来ないとか、年配の方で体力的に夜勤は無理という方以外夜勤をしています。

私の働く老健では16時間の二交代夜勤です。
ですから、夜勤の時は明けの朝から翌日の休みまでゆっくりです。

明けからの連休などはとても長い休みな感じがしますね。

クリニックで働いていた頃は6日勤が毎週で、半日が2日間といったシフトでしたが、今は夜勤があるため連勤も少ないです。

私は月に6回ほど夜勤がありますから、日勤は月に10日ほどです。

病院の夜勤に比べると老健の夜勤は、わりとゆっくりとした夜勤ですから、あまり苦痛もありません。
日勤の間に程よく夜勤が入ると、むしろ体力的に楽ですね。


また、学校行事など平日に多いため、夜勤明けなど利用する事が出来ます。

クリニックのようにカレンダー通りのお休みだと、平日の休みを取るのは非常に大変です。
ナースも少人数ですから、休みが重なるとスタッフが足りず仕事が回りません。

学校行事など重なると、誰が休みを取るかでピリピリする事もあります。

しかし、夜勤のある職場はナースの人数も多いですし、夜勤の入りや明け、明け休みなど日中を利用できるシフトが多くありますから、数人休みが重なってもなんとかなります。


夜勤があると、日中の時間を有効に活用出来るメリットもあります。
子供がいると、週末の休みは子供たちと過ごす時間がメインになります。

しかし、平日など子供たちが学校にいっている間は、自分の趣味やショッピングなど自由に使えます。

平日の夜勤明けや明け休みは、そういった時間の使い方が出来るようになり、自分自身のストレス発散や気分転換になっています。

平日のショッピングなど、人の少ない時間はゆっくりと買い物が出来ます。
子供たちがいると、自分のショッピングは後回しですからね、学校に行っている間に羽根を伸ばしていますよ。

2013年11月 2日|

救急医療センターでの夜勤専従!(^^)!

救急医療というのは、効率良く処置を行う為に、患者さんの重症度によって初期、第二次、第三次にわかれおり、それぞれの医療機関で対応する事になっています。

第二次の救急医療機関では、それほど重症度の高い患者さんは来ませんし、明らかに脳梗塞や心筋梗塞などの疑いがある患者さんは、
専門の病院に運ばれるケースがほとんどです。

救急医療センターは、第二次救急なので、重症度の高い患者さんが来る事はありません。

私は救急医療センターで、夜勤専従で働いているんですが、救急医療センターで働く事について、当初かなりの不安がありました。
私は救急医療センターについて、常に救急で運ばれた患者さんでバタバタしていて、休憩や仮眠が取れないくらに忙しい、といった環境をイメージしていました。

しかし、実際に働いてみると、二次救急という事もあり、予想外に落ち着いた感じの職場に驚きました。
患者さんのほとんどは小児の急病です。
喘息の発作や嘔吐や下痢、発熱などが多く、インフルエンザの時期は患者さんでゴタゴタする時もありますね。
しかし、普段はバタバタする事はほとんどありませんね。

夜勤専従として働く場合、職場環境がかなり需要になってきますよね。
せっかく給料が高い夜勤で働いても、忙しすぎて、仮眠もとれないような職場では、ストレスが溜まってしまうばかりで、発散する事ができません。

私が働いている職場は、ママさんナースや既婚者が多く、シフトに自由が利きます。
一日4時間の勤務の方もいますし、出勤時間も様々です。
給料は安めなんですが、とても働きやすい職場なので、満足しています。
休憩や仮眠がしっかり取れる救急医療センターの夜勤は、私のお勧めの職場ですね。

2013年10月15日|